取組事例

Case

当社のサステナビリティへの
取組元年であった2019年度は
『身近で、できること』からを
テーマに活動を推進

エコキャップ運動への参加 [2019年6月~]

活動概要

社内で発生するペットボトルキャップを収集。リサイクル資源として売却してくれるNPO法人へ送付。その利益金を「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会」(以下、JCV)への寄付金とし、JCVから支援国へワクチンを届ける活動。当社では、「NPO法人 キャップの貯金箱推進ネットワーク」へキャップを送付し、資源の売却や寄付を委託しています。

エコキャップがワクチンに変わるまで

  • ①ペットボトルキャップをキャップの貯金箱推進ネットワークへ送付し、資源売却を委託
  • ②売却金がJCVへの寄付となる
  • ③UNICEFと連携して、世界のワクチン工場へワクチンを発注
  • ④製造されたワクチンは冷凍のまま空輸で、支援国へ届けられる
  • ⑤支援国のワクチン保管センターで冷蔵・冷凍状態で保管
  • ⑥各地の予防接種会場で子どもたちへワクチンを接種

3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進[2019年7月~]

活動概要

3Rは Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つのRの総称。社内で使用する消耗品等は、エコマーク認定商品を優先し購入しています。社内の身近な消耗品から3Rを意識し、会社全体として循環型社会を意識した取り組みを推進しています。また、当社はグリーン購入法に基づいた環境物品の調達を推進しています。
グリーン購入法の特定調達品目の多くは公益財団法人日本環境協会の審査・認証したエコマーク商品が対応しており、原則としてエコマーク商品の購入は、グリーン購入法の特定調達品目の購入の目安となります。

エコマーク

働き方改革の推進(テレワークの拡大・
フレックスタイム制度) [2019年10月~]

活動概要

働き方改革推進の観点から、原則自由な場所でリモートアクセスによる勤務を可能とする「テレワーク勤務」を導入しています。当社のテレワークは利用の回数制限がないため、通勤混雑時間帯の回避や子どもの保育園の送迎での活用など、幅広い働き方が実現できます。このテレワーク制度により、一般財団法人日本次世代企業普及機構による2020年ホワイト企業アワード「働き方改革部門」を受賞しました。

プレスリリースはこちら
一般財団法人日本次世代企業普及機構へはこちら

また、当社はフレックスタイム制度を導入しており、社員一人ひとりのライフスタイルに合わせた働き方を推進しています。コアタイムのないフルフレックスで、利用場所の制限もないことから、自由度が高い制度となっています。

詳しい当社の制度・環境はこちら

2020 ホワイト企業認定

東京ふれあいロード・プログラム
(地域の清掃活動)の開始 [2019年11月~]

活動概要

東京都建設局が主催する、地域の住民や企業と東京都が協力して行うボランティア活動。道路の清掃や植栽の手入れなどの美化活動を行い、道路利用のモラル向上と潤いある道路空間の創出を目的としています。当社はこのプログラムに参画し、週に一回参加者を募って活動しています。

児童養護施設への寄付活動 [2020年2月]

活動概要

一般財団法人 日本児童養護施設財団(以下、財団)を通じ、全国の児童養護施設を卒園する子どもたちに向けて寄付活動を行っています。2019年度は、財団の企業スポンサーとなり、寄付を行いました。

一般財団法人 日本児童養護施設財団とは

「全国児童養護施設総合寄付サイト」の運営・普及や、児童養護施設アフターケア(施設を卒園した子どもたちの支援)を行う一般財団法人。児童養護施設で勤務していた職員の声を基に、卒園後の子どもたちを支援していく形を考え、寄付サイトを運営し寄付を募っています。

一般財団法人 日本児童養護施設財団へはこちら

巣立ち基金シンボルマーク オフィシャルキャラクター もっち〜 こっし〜