teamLab, Sketch Ocean © teamLab

みんなでお魚を描いて、森と海の環境を守ろう! 宮城県気仙沼市・舞根湾の自然環境保全を支援するプロジェクト「Support for Mori-Umi」in 森ビル デジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス 「Support for Mori-Umi」とは、チームラボボーダレス内の《スケッチオーシャン》の作品体験を通して、NPO法人 森は海の恋人の活動を支援するプロジェクトです。

※NPO法人森は海の恋人は、宮城県気仙沼市舞根湾を拠点に、森・里・川・海の共生こそが持続可能な未来を創るためには
重要という理念のもと活動を展開中で、その自然との共生に向けたアプローチ方法が国内外から注目されています。

舞根湾でも
おなじみの
カタクチイワシが
描ける!

気仙沼・舞根湾を代表する
生き物の一つである「カタクチイワシ」も
《スケッチオーシャン》で泳いでいます。
紙に自由に魚の絵を描くと命が吹が吹き込まれ、
目の前の海でみんなが描いた
魚と共に泳ぎだします!

お絵かきで
寄付に参加!

2024年6月24日(月)~9月23日(月)の
期間中に
《スケッチオーシャン》で
描かれた魚の総数に
応じて、
気仙沼・舞根湾で自然環境保全の活動を
行う
「森は海の恋人」へ寄付を行います。
お魚を描くことを通じて海の豊かさを守ろう!

  1. step1

    スケッチオーシャンを体 験

    チームラボボーダレス内のスケッチオーシャンでお魚を描いて泳がせる体験を通じて、海の豊かさを体験しましょう。

  2. step2

    auフィナンシャルサービスが寄 付

    寄付期間中に描いてくれた魚の数に応じて、auフィナンシャルサービスが森は海の恋人の活動へ寄付されます。

  3. step3

    自然環境保全

    お絵かきを通じて集まった寄付は、気仙沼の自然を守るためのさまざまな活動に利用され、自然環境の保全につながります。

※《スケッチオーシャン》の作品体験にはチームラボボーダレスへの入場が必要です。チケットはこちらから。

スケッチオーシャンとは?

サムネイル画像

この海は、みんなが描いた
魚たちが泳ぐ海です。

紙に自由に魚の絵を描きます。すると、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の海でみんなが描いた魚と共に泳ぎだします。泳いでいる魚は触れることもでき、触れられた魚は、いっせいに逃げだします。エサ袋に触ることによって、魚にエサをあげることもできます。魚たちは部屋を出て、他の作品の境界を越えてミュージアムの中を泳ぎ始めます。
参考:https://www.teamlab.art/jp/ew/sketchocean-azabudai/tokyo/

関係者コメント

  • 写真=畠山 重篤

    NPO法人 森は海の恋人 理事長
    京都大学 フィールド科学教育
    研究センター 社会連携教授
    畠山 重篤

    私たちは、「環境教育」「森づくり」「自然環境保全」の3分野を軸として活動している、宮城県のNPO法人です。さまざまな環境問題が深刻になりつつある現在、自然環境を良好な状態にできるか否かは、そこに生活する人々の意識にかかっています。今回、アートを通じて海の豊かさに触れられる機会を創出するとともに、私たちの行う環境保全活動へ寄付いただけることになり、大変光栄に思います。どうぞ、応援をよろしくお願いいたします。

  • 写真=後藤 秀二

    写真=後藤 秀二

    チームラボ代表 猪子 寿之

    チームラボボーダレスで展示中の《スケッチオーシャン》で魚を描くことで、海の豊かさをサポートするプロジェクトをスタートすることができて、とても光栄に思っています。世界中からチームラボボーダレスに来場した方々が、作品体験を通して、海を守るために様々な取り組みを行う「森は海の恋人」の活動を知り、森や海を守っていくきっかけになったら、とても幸せに思います。

  • 写真=長野 敦史

    auフィナンシャルサービス株式会社
    代表取締役社長
    長野 敦史

    当社は、2021年から「森は海の恋人」の『気仙沼市舞根湾の湿地保全活動』の支援に取り組んでまいりました。サステナブルな社会を実現していくためには、おなじ未来を目指す人たちが手を取り合い、次の世代に美しい地球を残す取り組みが非常に重要となります。プロジェクト「Support for Mori-Umi」を通じて、「森は海の恋人」の活動をより多くの方々に知っていただくとともに、環境保全に想いを馳せる機会となれば幸いです。

ミュージアム概要

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM EPSON teamLab Borderless

チームラボ《人々のための岩に憑依する滝》©チームラボ

境界なく連続する1つの世界の中で、
さまよい、探索し、発見する

チームラボボーダレスは、アートコレクティブ・チームラボの境界のないアート群による「地図のないミュージアム」。アートは、部屋から出て移動し、他の作品と関係し影響を受け合い、他の作品との境界線がなく、時には混ざり合う。そのような作品群による境界なく連続する1つの世界。境界のないアートに身体ごと没入し、さまよい、意思のある身体で探索し、他者と共に世界を創り、発見していく。

公式HP
https://borderless.teamlab.art/jp/
オープン日
2024年2月9日(金)- 常設
時間
9:00 - 21:00 ※詳細はHP参照
休館日
不定休 ※詳細はHP参照
住所
麻布台ヒルズ ガーデンプラザB B1
(東京都港区麻布台1-2-4)
アクセス
日比谷線 神谷町駅 5番出口直結