Interview 02 サービス企画本部 CX推進部 習得した知識や経験に対して自信を持つことができる Interview 02 サービス企画本部 CX推進部 習得した知識や経験に対して自信を持つことができる

入社した理由について教えてください

入社の決め手は2つあります。

1つ目は、設立して間もない会社でありながら、スピード感を持った成長を遂げており、大きな成果を挙げている点に魅力を感じたことです。常に新しいことに挑戦し続けている当社に入社をすれば、自然と仕事に対して試行錯誤する機会が多くなるため、早いうちから自身の習得した知識や経験に対して自信を持つことができると思いました。

2つ目は、KDDIの大きな通信の基盤を活かして、従来の枠にとらわれない新たなクレジットカードの魅力を世の中にアピールできると思ったことです。もともと大学時代からクレジットカードに興味があり、安心して便利に決済ができる仕組みが気になっていたため、クレジットカード業界を志望しましたが、KDDIグループが保有する「通信」の膨大な情報をクレジットカードに融合させたらどのような新しい可能性が生まれるのかを自分で探ってみたいと思い、当社への入社を決めました。

担当している業務について教えてください

au PAY カードの新規サービスの企画・開発と、既存サービスの改善など、お客さまにau PAY カードを魅力的に感じてもらうためのサービスを構築することが主な業務です。

新規サービスの企画・開発は、クレジットカードに関する知識やシステム仕様の把握が求められるため、難易度も高く、日々先輩社員の方々に相談しながら業務を行っています。学ぶことが多い点では、仕事に対する楽しさを感じていますし、自分が開発に携わったサービスがリリースできた時にはとても達成感があります。

また、サービスはお客さまに継続して利用していただくものなので、開発して終わりでなく、改善点があれば修正を繰り返していく必要があります。その中ではお客さま目線で「より便利に安心してau PAY カードを利用してもらえること」を実現したいという気持ちで業務に取り組んでいます。

私が担当している業務は、サービス面からカード会員の獲得やカード利用の促進を支える非常に重要な業務であり、やりがいを感じています。

成長できたと感じられる
エピソードを教えてください

UI・UX※の観点でサービスを見ることができるようになった点に成長を感じています。配属間もない頃はサービスの開発について右も左も分からず苦労しましたが、サービスを企画するときの先輩社員の方々の考え方を間近で見ることで、「UI・UXの観点をもち、サービスを開発すること」が、つまり「便利に安心して利用できるサービスの開発」に繋がっていることを実感することが出来ました。

また、開発の際は一旦立ち止まって、「このサービスはどういった背景で開発されるのか」を考えることを大切にしています。背景を知らないまま業務を進めてしまうと、より良いものにしたつもりでも結果として不便なサービスになってしまうこともあると気付いたからです。

お客さまのニーズを的確に捉え、それを具体的な「サービス」という形にしていくことは非常に難しく、常に今よりもっと良くするためにどうすれば良いのかを模索しています。

※UI・UX:ユーザーインターフェース・ユーザーエクスペリエンス

プライベートの過ごし方を
教えてください

入社をする前は、「社会人=忙しくてなかなかプライベートの時間を取ることができない」というイメージを持っていました。実際には、当社ではコアタイムのないフレックスタイム制度や、テレワーク制度を導入しているため勤務時間とプライベートの時間のバランスを自分で調整しやすく、工夫の仕方次第で時間を作りやすい制度が整っていると感じています。

具体的には、フレックスタイム制度を活用し、少し早く退勤して平日に友人と食事に行ったり、自分の趣味の時間に使ったりと勤務以外のプライベートの時間を充実させています。

有給休暇の取得もしやすく、旅行が好きなので旅行をする時間に休暇を使っています。家族・友人と過ごす時間を多く取ることでリフレッシュできることは、仕事のモチベーションを高く持ち続けることに大きく繋がっていると思います。プライベートの時間を作りやすい制度がある当社に入って本当に良かったです。