Round-table Talk 新卒社員座談会 auフィナンシャルサービスって、どんな会社? 新卒1期生の社員たちに本音トークをしてもらいました。 Round-table Talk 新卒社員座談会 auフィナンシャルサービスって、どんな会社? 新卒1期生の社員たちに本音トークをしてもらいました。

Member

メンバー

R.T さん
2019年入社

新規事業本部
ファイナンス事業部
出身大学/法政大学

志望動機

新卒1期生となること、経営者に近い環境で仕事ができる

M.S さん
2019年入社

業務統括本部
ビジネス管理統括部
出身大学/成城大学

志望動機

KDDIという大きな基盤

T.K さん
2019年入社

マーケティング本部
プロモーション推進部
出身大学/立命館大学

志望動機

KDDIという大きな基盤
スピードと挑戦を重視する環境

M.Y さん
2019年入社

マーケティング本部
マーケティング企画室
出身大学/中央大学

志望動機

スピード感のある会社で成長したい
新しい事業にチャレンジできる

G.I さん
2019年入社

マーケティング本部
マーケティング企画室
出身大学/法政大学

志望動機

若い会社でフラットな組織体系の中で
成長していきたい

どんな志望動機でしたか?

R.Tさん

応募する前に、会社の説明会がありまして。座談会のような形式だったのですが、そこで自分たちが新卒1期生になれることを知ったんですよ。自分がこの会社の歴史を築いていけると思うと、非常にワクワクしたことを覚えています。それと、若い頃から、会社のトップの考え方を間近で見られることは、成長につながると思ってこの会社を志望しました。

T.Kさん

僕もきっかけは説明会に参加したことでした。それと、世の中に大きなインパクトを与える仕事をずっとしたいと思っていたので、クレジットカードやキャッシュレスのような、これから成長する分野はチャンスだと思ったんです。この会社はKDDIという大きな基盤を持っていながら、社員数はまだまだ少ないので、個人の裁量が大きそうなところにも魅かれましたね。

G.Iさん

僕は、毎日、挑戦して成長を続けられる会社で働きたかったのが大きかったかな。説明会にいきなり社長が出てきたのには驚いたよね。それだけ僕らに期待しているんだなって、ひしひしと伝わってきました。

ついに入社を決意。その理由は?

G.Iさん

2つ理由があって、ひとつは金融と通信のもっている可能性にワクワクしていること。目まぐるしく変化する業界なので、自分が大きく成長できると考えました。もうひとつは、大企業ではないところ。ベンチャー気質なので、どんどん挑戦できそうだと思いました。

M.Sさん

それ、私も思った。KDDIという大きな基盤とベンチャー気質が合わさっているのが、ものすごく面白い。ここなら、自分のやりたいことが、すぐに実現できそうな気がしたんです。

R.Tさん

あと、先輩の人柄も大きいかも。面接のときから、ものすごく人間性を見てくれている気がしたんですよ。

M.Sさん

私も、この会社がいちばん話を聞いてくれるイメージがあったかな。

入社する前と後で、会社のイメージは変わりましたか?

R.Tさん

会社の規模がそこまで大きくはないので、若手にも大きな仕事を任せてくれるのかなと思って入社しましたが、入社後の印象もだいたい同じですね。本当に様々な業務を任せてもらっています。

M.Yさん

私は、想像よりも責任のある仕事を任せてもらっているかも。あと、先輩がとってもやさしくて働きやすいんです。これ、お世辞なしに。

T.Kさん

僕は、500万人のお客さまにメールを配信する業務もあるから、本当にものすごい規模だなって思う。

G.Iさん

ギャップがあるところは、思っていたよりも自由なところかな。フレックスなので出社時間も任せてもらえるし。

M.Sさん

本当に自由。私は金融業界に、ずっとお堅いイメージを持っていて。でも、全然違いましたね。それと想像以上にいろいろな仕事を任せてもらえていて。最近、大学時代の同級生と話をしていたら、彼女はまだ電話対応がメインの業務らしくて、とても驚かれました。

M.Yさん

私は文系出身なので、入社してすぐにビッグデータに触れたり、プログラムを書いたりするなんて、まったく想像していませんでした。1年前の自分が今の自分を見たら、きっと驚くんじゃないかな。

T.Kさん

1年目は、先輩が付いてくれて案件を進める感じなのかなと何となく思っていたんだけど、いい意味で裏切られましたね。

M.Sさん

私も、T.Kさんと同じように思って入社したけど、最初から数字に直結する業務に就かせてもらって、ちょっと驚きました。

G.Iさん

でも、ほったらかしにする訳ではなく、その都度、話を聞いてくれるのでやりやすいんですよ。

R.Tさん

僕は、主に3人の先輩と仕事をすることが多いんですが、表面上はまさに三者三様。でも、意外と根っこの部分は同じで、皆さん自分の芯を持っている気がします。

M.Yさん

先輩は、中途入社の方が多いので、その経験が多彩で面白い。いろいろな話が聞けますね。

G.Iさん

そう、別の業界を経験されている方も多いから、本当にいろいろな知見を得られるんです。実際、広告業界出身の方からは、コンテンツの効果的な発信方法についてアドバイスをもらったりしました。

業務のどんなところに、やりがいや面白さを感じますか?

R.Tさん

僕たちのつくった販促ツールが、実際にauショップや、Webのバナー広告として見られたときはうれしいですね。実際に申し込みの数が増えたときなどは、特にやりがいを感じます。

M.Sさん

そう、数字が上がるともっと頑張ろうって思う。私は約定入金率というのを上げるために、メールの配信やチラシの配布をしているんですが、工夫が効果につながったときはうれしい。この間、チラシの色をグリーンからブルーに変えただけで、一気に数字が上がったんですよ。

R.Tさん

Webのランディングページでも、申し込みボタンの色や形を変えたら、実績に差が出たよ。

T.Kさん

本当にそう。試行錯誤して効果があったときは、やりがいを感じるよね。今、自分がやっている業務は、クレジットカードを一人でも多くの方に使っていただくためには、どういう施策を打てばいいのかということをしているんです。たとえばキャンペーンがあったときに、お客さまにメールを送るんだけど、効果が数字として目に見えるから、計画通りにいったときは特に面白いですね。

M.Yさん

私も、そのメールの配信リストをつくっているから同感です。いろいろなデータから、配信先を決めていくのですが、結果が出るとうれしい。でも、自分の知識不足で思ったような結果が残せないことも結構あって、そのときはもっと勉強しなくちゃって思いますね。

会社で、どんな挑戦ができていますか?

G.Iさん

僕の部署では、たとえばWebの手続き数を20%アップしましょうとかの数値目標が掲げられていて。最初は結構厳しい数字だなあって思っていたんですけど、自分の持てる知識とツールを駆使して挑戦させてもらっています。まわりも自由にやらせてくれますしね。

T.Kさん

自分の場合は、ポイント付与通知メールですね。クレジットカードの利用額のうち1%がポイントになるのですが、今までは付加されたポイントだけを通知していたんです。でも、ちょっと待てよと。もっとカードの利用促進につなげられないかと思って、他のECでも使ってもらえたほうがいいと思ったんですね。

G.Iさん

で、やってみたの?

T.Kさん

最初、上司からは、その根拠を聞かれて困ってしまい。それでもくじけずに、データなどを集めて説得したらOKを出してくれました。

G.Iさん

くじけずに向かっていったら成果が得られたって、すごいね。そういう意味でも、挑戦できるって、会社にも自分にもプラスになることが多いよね。

T.Kさん

よしゴールだ、と思っても、さらに上を目指そうという風潮があるから、自分がどんどん進化していく実感がある。

R.Tさん

けっこう、若い人の意見を反映してくれる環境があるから、そういう意味でも挑戦しやすいんだろうね。

今後、どんな挑戦をしていきたいか?

R.Tさん

自分の場合は、まだゼロからモノをつくれていないので、キャンペーンの立ち上げから企画したいですね。今、僕たちが取り組んでいるキャッシュレスは、チャンスだと思うんですよ。

G.Iさん

今、僕がやりたいのは、もっとデータを使いやすくして、お客さまにとっての最適な提案をし続けることかな。うちの会社は、圧倒的に挑戦できる環境があるから、若手でも大きな裁量を持っている。これって、大企業だと、できにくいはずなんです。そういう社風を活かして、どんどん挑戦していこうと思います。

T.Kさん

その挑戦の先にあるのが、企業理念の「信用を通じ、人々の生活に資する」なのかな、やっぱり。いちばんに問われるのは、お客さまにとって役立つことかどうか。そのあとに、キャンペーンのエントリー率やカードの利用率。このあたりを、もっと追求するような挑戦をしたいですね。

入社してから成長できたところは?

M.Yさん

私とかG.Iさんだと、技術的な面ではやっぱりプログラミングを書けるようになったことだよね。それと思考面だと、計画性と判断力かな。たとえば、常に納期のある業務なので、常に先手を打って計画的にやるという思考回路は身についてきたと思います。

T.Kさん

自分にとっては、マインドの面の成長が大きいと思う。入社直後は、上司からメール作成の指示があると、要素だけ並べるだけだったんです。今は、どうやったら効果が最大化するか、このメールにはどういう意味があるのかなど、複数の目線で考えられるようになりました。

R.Tさん

自分では成長できているか不安だったんだけど、この間、先輩から一歩先の仕事ができるようになったな、って褒められたんですよ。ちょっとうれしかったですね。

今後、どのような成長をしていきたいか?

G.Iさん

特に目標となる先輩が2人いて。ひとりは、Nさんの仕事の進め方で、ものすごくカッコいいんです。興味を持ったことを自分の仕事にしていく。しかも、まわりの人たちをどんどん巻き込んでいくのがすごい。もうひとりがTさん。ものすごい知識量で、この方に聞けば何でも答えが返ってくるんです。将来は、そのくらい周囲に頼られる人になりたいですね。

M.Sさん

そう、私たちにも後輩ができるから、私に聞けば大丈夫、と思ってもらいたいな。

R.Tさん

後輩の目標になるような先輩になりたいよね、やっぱり。

T.Kさん

僕の場合は、感情的にならず、いつも理論的に考えられるようになること。何かミスが発生した場合でも、なぜこのミスが発生したのか、どうしたら防げるのかをもっと冷静に考えられるようになりたいですね。

M.Yさん

私は、短期的にはもっともっとプログラミングの知識を高めること。長期的には、ビッグデータですね。M.Yに聞けば、会社にあるデータのことはすべて分かるというレベルにまでいきたいです。もっとビッグデータに詳しくなれば、参画できる案件も増えると思うんです。

就活生に向けて一言!

G.Iさん

やっぱり、素直でありながら、ちゃんと軸がある人かなぁ。「はい、分かりました」だけだと、何も生まれないから。後輩というよりは、少し生意気でもいいからライバルとして切磋琢磨できる人がいいですね。

T.Kさん

うちの会社に向いていないのは、流れ作業が好きな人。逆に向いているのは、変化や問題が起きたときに、面白がって乗り越えるくらいの人じゃないですか。

M.Sさん

今のT.Kさんの話と似ているんだけど、常識を常に疑ってかかるくらいのほうがいい。

R.Tさん

この会社は、まだ社員数が少ないので、やっぱり自分の意見を主張できる人。ときには反論されることもありますけれど、めげないくらいのほうがいい。まあ、何だかんだ先輩はいい人ばかりなんで、間違えていても怒られたりはしないですから、ご安心を。

T.Kさん

あと、この会社の制度でとてもいいと思っているのが、フレックス制度。業務の都合さえつけば、午後に出社して17時に帰ることも可能だから、生活と仕事のバランスが取りやすいと思います。

M.Yさん

とにかく、いろいろな会社を見たうえで、「ここっ!」って直感的に思える人が向いているのかな。直感に頼るのもありですね。

G.Iさん

え、もう終わりですか。まだまだ話し足りないですよ。

  • 本座談会の内容は2020年1月時点の情報です。