menu open

menu close

リクルート

社員インタビュー

事業推進部
業務企画グループ
社員

社員インタビュー

担当している業務について教えてください

私が所属している事業推進部の最大の目的は、さまざまな事業が円滑にまわるよう努めることだと考えています。その中で私の担当業務は、精算業務や委託先の管理、また、コスト削減や効率化などの新たな施策の企画・実施まで、多岐にわたります。

具体的には、他のグループから引き受けている精算業務をスムーズに行えるようにすることや、毎日発生するエラーの処理や、他部署で取り組んでいる施策の後処理など、毎日のルーティンで発生する細かい業務を基本的に担っています。また、前例がない業務に取り組むことや施策を導入する機会も多く、主要委託先との調整が難航することもしばしば。難しさも感じますが、始めから終わりまで自身で考えて行動し、業務を完遂することができたときは、自分の成長をひしひしと感じます。

業務内容上、他部署と非常に強い接点を持っているため、ほぼすべての業務に当部がかかわってきます。縁の下の力持ちではないですが、「私たちがいないと会社が立ちいかない」くらいの高いモチベーションと責任感を持って、日々仕事に取り組んでいます。

社員紹介

入社した理由と、前職について教えてください

前職は大手クレジットカード関連の企業にて、約6年間勤めていました。いわゆる一般職に就いていたのですが、業務が限定的で任される範囲も決まっており、基本的には与えられたものをこなす毎日でした。そのため、もっと視野を広げたい、学びたいという気持ちから転職を決意しました。

入社時の思いのとおり、当社ではさまざまな業務を任されたり、やりたいと思ったことを自分から発信していくことで、幅広い業務に取り組むことができています。例えば、データ分析や効果検証、費用対効果を出しての検討などはやったことがなかったので、とてもよい経験になっています。

逆に、ここまで自分でやらなければいけないということに驚くこともあります。いろいろな知識を持っていなければなりませんし、慣れない業務でもスピード感をもって取り組まなければいけない。そこに大変さを感じることも少なからずあります。ですがそんなとき、前職で培った事務処理の正確な遂行と効率化意識、ルール遵守意識が活かされています。

社員紹介

プライベートでの過ごし方を教えてください

当社の特徴としてフレックスタイム制度が挙げられます。月1ペースでどこかへ遠出しているのですが、同制度を活用して夕方頃の飛行機やバスで旅行へ行くこともあります。そのほかにも、すいている時間帯に買い物したり、予約が取りづらい飲食店に並ぶことも可能です。このように有給休暇を消化せずとも、時間を有効に使える点にとても魅力を感じています。直近では京都へ旅行に行き、心身ともにリフレッシュすることができました。また、有給休暇も自身の工夫次第で取りやすい環境なので、年1で海外旅行へも行っています。

このようなプライベートの時間もしっかりと取れる環境や制度が、仕事へのモチベーションアップにも非常に大きくつながっていると感じています。

社員紹介

今後のキャリアビジョンを教えてください

当社は少数精鋭をモットーに、役職やグレードに関わらず一人ひとりが重要な業務を担い、強い責任感を持って仕事に取り組んでいます。また、当部は先ほど述べたとおり、あらゆる部署とのつながりが重要となるため、コミュニケーション能力が必要不可欠です。その点、当社は意見を言いやすい風土がすでにできあがっており、相談事などがある場合は進んで上司に持ち掛けてみたり、他部署とも自分から話し合いの場を設けたりしています。上司の人たちも忙しいタイミングであっても、それを理由に断ることなくしっかり相談に乗ってくれますし、非常に頼りがいがあります。

そうしてコミュニケーションを取っていくことでさまざまな興味が湧き、これからいろいろな部署に行ってみたいという気持ちもあります。たくさんの業務に触れることでどんどん視野を広げ、多くの経験を積んでいきたいです。そのたびに勉強は大変だと思いますが、頑張りたいと思います。

社員紹介

pagetop