menu open

menu close

KDDIフィナンシャルサービスについて

TOP MESSAGE

TOP MESSAGE

”信用を通じ人々の生活に資する”

AI・IoT・VR/AR等さまざまなテクノロジーが加速度的進歩を遂げながら普及へと向かい、人々の消費行動や生活に大きな変化を与える前例のない価値やサービスが創造される時代が訪れようとしています。

金融・決済サービス分野においても「Fin-Tech(金融と先端技術の融合)」が注目を集めており、Fin-Techを組み合わせながら、2027年6月までにキャッシュレス決済比率4割を目指すことが2017年6月9日閣議決定された「未来投資戦略2017」に明記されるなど、人々の生活や取引慣行を変える次代のイノベーションに大きな期待がよせられています。

このような時代の要請に応えるべく当社は、2014年2月設立来、同年6月に決済代行事業、10月にはau WALLET クレジットカード事業を開始し、2015年度には家族カード、ゴールドカード発行とサービスラインナップの充実を図るなど迅速に事業基盤の拡充を進めるとともに、従来のお客さま情報や金融取引情報に、KDDIが保有する多種多様なデータを加えた膨大な情報を先進化された分析基盤を用い解析した当社独自の新しい「信用供与」モデルを構築するなど、着実な進化を遂げてまいりました。
おかげさまをもちまして、au WALLET クレジットカード事業の開始から僅か3年で、カード会員数300万人を突破するなど、業容も順調に拡大しております。

今後は、「信用供与」力を当社のコアコンピタンスとし更なる先鋭化をはかり、従来とは異なる新たなアプローチから信用を創造・付与する技術を確立していくことで、より個々のお客さまの実情に寄り添った次代のサービス提供を実現してまいりたいと考えております。

当社の理念である「信用を通じ人々の生活に資する」べく、真に価値あるサービスの創造に向け、社員一同邁進していく所存でございますので、引き続きご支援、ご指導賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。

2018年1月
代表取締役社長 石月 貴史

あわせてご覧ください:代表取締役社長 石月 貴史
「東洋経済ONLINE」掲載インタビュー

TOP MESSAGE

PROFILE

石月 貴史

KDDIフィナンシャルサービス株式会社
代表取締役社長

  • 1990年、KDDI株式会社入社。財務部などを経て株式会社じぶん銀行の創業に参画。携帯電話の特性を活かした「お客さま一人ひとりの銀行」として2008年にお客さま向けサービスを開始。
  • 2011年、KDDIに帰任。新規事業統括本部 新規ビジネス推進本部 事業開発部長として、「au WALLET構想」の具現化に向け、当社設立を企画。
  • 2014年、当社設立と同時に現職。
pagetop